[PR] SEO 得する自動車保険 ユニークな自動車保険特約
FC2ブログ

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ユニークな自動車保険特約

最近の自動車保険は、各保険会社が独自の特徴を出すために、ユニークな「特約」が数多く用意されています。

 特約とは、基本保険料に少しの保険料をプラスすることで、さらに幅広い補償やサービスを受けることができるというもので、中にはこれは非常に得だと思うものから、こんな特約だれが使うの?というものまでさまざまです。

 なので、保険会社からの「おすすめ契約」で契約してしまうのは要注意です。保険会社の「おすすめ契約」は保険会社が入ってほしィなぁという、単なる希望なのですから。
 しかも、不必要な特約が結構付属していることもあります。

自分にとってこれらの特約が必要かどうかをよく見極めて、自分で考えて、選んでいくとよいでしょう。


【等級プロテクト特約】
 事故を起こして保険を使っても、1回だけなら翌年の等級がダウンしないという、保険に保険をかけるようなもの。初心者ドライバーや、初めて保険に入る人、等級の低い人でもいざというとき安心できます。


【子供特約】
 記名被保険者の子供が運転する際に、特約をつけることによって比較的安い保険料で子供の事故も補償してくれるというサービス。主契約の年齢条件そのものを変えるよりはおトクな特約です。


【代車費用担保特約】
 事故によって契約している車が使用できなくなったとき、同程度のレンタカーもしくは、代車を借りた日数分の保険金が支払われるという特約。保険会社によっては、特約を組まなくとも標準で添付している場合がありますので、保険の種類をもう一度見直しましょう。


【新車取得費用担保保険特約】
 この特約をつけていると、契約時に設定しておいた価格を限度に、新車の購入費用をまかなえるというものです。
 通常はの車両保険については、車の残存価値(もしくは市場価値)で査定されてしまうため、たとえ購入したばかりの新車でも、全損となった場合でも、新車購入と同価格まで保障はしてくれません。

 その場合、全損になってしまったので、再度新車にしてしまおうという場合にも適用できるのが、この特約の注目すべき点です。

 事故よりも、盗難時にも保険が適用できることから、盗難保険と思って活用するほうが実はかしこい使い方になります。
 
【身の回り品担保特約】
 車内やトランク内に積んであった個人の所有物が、交通事故で損害を受けたときに補償してくれるものです。
 火災保険の家財補償とほぼ同じような扱いになります。
 
 通常の保険では、荷物の保障はしてくれませんので、事故時に車以外の損害も無視できませんので、加入しておいても損はないと思います。

 
【弁護士費用等補償特約】
 示談交渉だけで解決せず、民事裁判になった場合の弁護士費用を負担してくれるというもの。 弁護士費用は通常の自動車保険では支払われません。レアケースなのですが、万が一ということがあります。
 また、事故相手によっては、こちらの身分を知るとたかろうとする意地の悪い人が多く、裁判を起こす人もいるやに聞いた事がありますので、会社の社長、有名一流会社員や公務員の方はあってもよい、特約だといえます。


【ゴルフ特約】
 ゴルフプレー中のケガ、賠償、用品の損害、ホールインワン費用をカバーする保険。
 なぜ、ゴルフだけ特約があるのかは不思議なのですが、車で遠出するからという発想から誕生したのかと思われる特約です。
 では、スキーはあるのかといえば、今時点ではありません。
 
 ゴルフ保険を単独でかけるより、自動車保険とセットで掛けるほうが安いので、ゴルファーにはおすすめですが、ゴルフと無縁の人には全く関係のない特約ですし、実は暴露してしまいますが、ゴルフとかを限定しない、スポーツ保険(別の損保保険)で契約したほうがずっと実用的です。
スポンサーサイト

格安trend自動車保険調査隊>カテゴリー:保険を安くするコツ

【2006/07/09 06:17】 | 保険を安くするコツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<告知義務 | ホーム | 安全運転講習受講割引>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://trendcar.blog72.fc2.com/tb.php/16-d17352e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
SEO対策:自動車保険
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。